ナイショの副業

ナイショ サラリーマンの方やOLさんの中にも、「副業」に励んでいる人はたくさんいます。ただ、正社員として働く人の場合、サラリーマンにしろOLさんにしろ、「会社にナイショでしなければならない」という場合が多いです。基本的には、法的に「シロ」ということにはなるのですが、しかし、会社の規則として「クロ」となってしまう場合が多いというのが現状の副業なので、やはりナイショであるということは非常に重要なことです。

ナイショにしなければならない場合、やはり、人前に出る仕事は控えたほうがよいでしょう。たとえば、深夜にコンビニのアルバイトをするとなると、いつ同じ会社の同僚や上司が現われるとも限りませんし、また、直接会社の人間でなくても、風のウワサで会社の人間に情報が届いてしまうというリスクも生じます。ですから、特に近場で外に出て働くことはできるだけ控えたほうがよいでしょう。

ナイショにしておくことができる副業として考えられるのが、「在宅ワーク」です。在宅ワークなら、自分から口に出さない以上は、その情報が漏えいすることなど基本的には考えられません。実際、正社員で働いている人が在宅ワークで働くケースが増えているのは、そういった背景があるのです。

最新情報

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ